By: Robert - CC BY 2.0

自宅のProxmox環境を3.4から4.0にアップグレードした結果wwwwwwww

この記事の所要時間: 222

PCI Passthroughの機能を使ったVMの動作が死ぬほど遅くて死ねる。。。。。

我が家ではFoltiaでテレビ録画をしているのですがProxmox上でPT3をPCIパススルーさせて使ってるのだけれど、Promox 4.0が出たときいてうれげにじゃあアップグレードしてみるか!といきなりの地雷踏み。

アップグレードの手順はこちらのProxmox公式手順に従って実施したらアホみたいにスムースにいきました。
よっしゃよっしゃと動かしていたVMを起動させた結果、Foltiaの動作が死ぬほど遅いうんこな感じになって笑え、、、、、ないです。。。orz

time dd if=/dev/zero of=/tmp/hoge bs=100M count=10とかやって計測したらまさかの8.5MB/swwwwwwww

これはまだまだ、使い物にならないな。。。ということで再度3.4に戻すかどうかを検討中。。。。

以下、設定を探している方向けです。

cat /etc/pve/qemu-server/xxx.conf
balloon: 8192
boot: cn
bootdisk: virtio0
cores: 5
#ここがPassthroughの設定driver=vfioをKernel 4.2.2では使うとのことだが、、、結果的に改善せず。
hostpci0: 07:00.0,driver=vfio
ide2: none,media=cdrom
#vfioの時はマシン定義をこれに変更する必要がある
machine: q35

memory: 16384
name: foltia
net0: virtio=BE:EF:BE:EF:BE:EF,bridge=vmbr0,queues=8
numa: 0
onboot: 1
ostype: l26
scsihw: virtio-scsi-pci
smbios1: uuid=d5f3d3ed-f160-4e34-bf9b-4224723f6ea3
sockets: 1
tablet: 0
#USB パススルー、カードリーダのUSBのID
usb0: host=04e6:511a

気になる点としてはvfioを有効にしているにもかかわらず、proxmoxのログでは
unknown hostpci setting ‘driver=vfio’
みたいな事を言っている。。正しくパススルーできてるのかねえ。。。