ただ、

この記事の所要時間: 09

結果を真摯に受け止め、あるがままに受け止めようと思います。

周りが必死になっている。俺も余裕綽綽なのは大いに結構だがやれること全てやってからそういう態度に出ないと。

_ 不合格通知が来た

この記事の所要時間: 05

_ 不合格通知が来たときは正直怒り狂ったのですが、自分にも慢心があったことを再認識。

俺も

この記事の所要時間: 02

負けてられないな。精進あるのみ。

彼も、

この記事の所要時間: 018

最初の時点から周りに期待されているのだなということをひしひしと感じた。

期待されるということの嬉しさ、つらさ、応えれるだろうかというプレッシャー、色々あると思うけれども頑張って欲しいと思った。やっぱり期待されることが出来ない人もいるわけだし、そこで簡単にあきらめちゃ期待されてない人たちに失礼だしな。