突然なんじゃけど、

この記事の所要時間: 13

New York Timesの取材を受けました。
んで、NY時間の月曜日に俺が取材を受けた記事がビジネス欄に載るそうです。WEB版でも同じ内容がアップされるとのことです。
取材を受けた内容は「3G携帯に変えてからライフスタイルがどう変わったか」。
もっとも俺は新しいもの好きな視点からケータイとかをビシバシかえているのもあって特異すぎて参考にならんのでは?と思ったりもしたんですが、かえってそれが記者の方の興味を引いた模様。
記者の方から電話で、
記者さん:じゃあインタビューの後で内容の確認とかをメールでしたいからメールアドレスおしえてください
俺:自分のアドレス@pao.to です
記者さん:pao.to?そんな短いのでとどくの?そもそも.toってどこ?
俺:トンガです
記者:(゚Д゚)ハァ?日本の人がなぜトンガ?
みたいな感じで話がはずんでいい感じでした。
そして木曜日にカメラマンの方に写真撮影をお願いされて写真を何十枚もビシバシと。
かな~りアメリカ的ないやらしいというかあからさまな写真が掲載されるかもしれませんが、まあそれはそれでウケるからいいかな。
ともあれ、どれくらい自分のことが記事に載るのかが楽しみです。
来週、早くこないかな~。

CCNA受験してきたんじゃ

この記事の所要時間: 119

先週の職場の引越し作業が落ち着いた後で、CCNAの試験の予約を行った。試験日は6月4日。つまり今日。
自分の中では、まぁ6日近くあることだし、またーりICND教科書読みながらラスト2日くらいで本格的に勉強できればいいかーと思っていたのですが、どっこいウチの職場はそんな生易しいところではありません。
事務所移転後、ずっと「今週末はCCNA受けるから仕事へらしてくださいねーお願いしますYO」と根回しをしていたはずなんですが・・・・・
うはー、タスクがひろがりんぐwwwww
仕事がふえまくりんぐwwwwwwうぇうぇwwww
みたいな感じになってしまい、日が経つにつれて焦ってくる。
しかもこーいう勉強したいときに限ってガシガシと仕事が入ってきてしまったので勉強できる時間がなかなか確保できない。
せいぜい家に帰ってからの1時間くらいが実質の勉強するためのラストリゾートな時間って感じ。
んで、木曜日まで死にそうな感じで仕事しながらも深夜帰宅後にチョコチョコと勉強し、金曜日に結構な時間をかけてCCNA対策を行うことができた。(自信はなかったけどね。)
11時半からの試験で最初に試験を受けるときはドキドキがとまらなくて緊張気味だったんですが、いざ初めてしまうとスラスラできて、30分で終了。あれ?って感じでさっくり終わりました。
んで結果は合格。合格最低ラインより60点以上上だったのでちょっと一安心てな感じ。
さて、CCNAも取れたことだし次はFNCNE→BSCI or BCMSNでがツンガツンに逝っちゃいたいところです。