mythtv on fedora 10 でどハマり

この記事の所要時間: 033

今日、帰宅したら録画してあるはずのブラッディ・マンディが録画されてない!と同居人からクレームを頂き、みてみると mythfilldatabaseが動作してないじゃん!超困ってあれこれトラブルシューティング開始。
結論としては Perl5.10でのtv_grab_jpのスクリプト内に perl -w -C の書式で -Cがあるのが問題みたいということを確認。
ということでオリジナルのスクリプトのバックアップをとって /usr/bin/tv_grab_jpの1行目の -C を除去して問題解決したっぽい。 Fedora10ユーザの方はご注意下さい。。。。。。

fedora 8→9→10へ一気にUpgrade

この記事の所要時間: 220

とってもとってもハマッたのでメモ。これだからLinuxは期待を裏切ってくれて楽しいっすねwww
Fedora9にUpgrade中にハマッたこと
1.Udev
→なぜか/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth* (*=2) の部分が入れ替わりやがる!
→今まではMACアドレスでちゃんと指定してたのに今回から動かない!サーバがダルマになって直接ログインしかログイン方法がない!これはやばいということでとりあえずシリアルコンソール(2で記述)の設定をした上でウェブで事前に情報をあさっていると発見。Udevいらんことすんな!

ということで、過去にReplaceしていたI/Fを消してe1000 ->e1000eにモジュールを入れ替えて事なきを得た。
2.シリアルコンソール
/etc/lilo.confに追加(まだLilo使ってるんかよ!って突っ込みは置いておいて)
serial=0,9600n8
append=”console=ttyS0,9600″
/etc/event.d/ttyS0 を作成
# ttyS0 – agetty
start on stopped rc3
respawn
exec /sbin/agetty -L 9600 ttyS0 vt100
これで一応シリアルコンソールが使えるように。家の1812jと併せて管理がしやすくなった。~(┌┌┌ ´Д`)┘ ウモァー
3.Mythtvで使うテレビチューナーカード (Buffalo PC-MV5L/PCI )
今まではivtvのブランチからあれこれパッチを引っ張ってこないと使えなかったんだけど2.6.26でMainに取り込まれたらしい。ということでそのまま放置して読み込ませたら認識しないwwwwwうはwwwおkwwwって
思いながら、 /etc/modprobe.confを修正。
ウチは2枚差し運用なのでVideo0,Video1にそれぞれivtvをバインドしています。
Cardtypeも19から20に変更しました。2枚ともそれぞれ記述する必要アリ。
—-
alias video0 ivtv
alias video1 ivtv
alias char-major-81 videodev
alias char-major-81-0 ivtv
alias char-major-81-1 ivtv
options ivtv cardtype=20,20
—-
4. XFSがうまくよみこめん@Fedora10のカーネル
これはFedora9のやつが動いてるから今回は見送り。もう少し10のパッケージがたたかれてからにすることに。
ということで2日かけてやっとUpgrade完了・・・・・(;´ρ`)チカレタヨ・・・