空気嫁

この記事の所要時間: 034

先日の衝撃が少なくなってきて前に向いて進むぞ!と思っている矢先、CALL時代のこの木何の木の後輩からメッセンジャーが。
こんな感じのやりとりが行われた
後輩:(いきなり)卒業おめでとうございます!
俺: ・・・・・(漏れ絶句)
後輩:ただ、それだけです。
俺: 新手のいじめですか
後輩:いえいえ
(ここで俺考える)
たぶん彼は近況を知っていない。
普通ならやっぱりこうきてもありがとうというべき。
ということで、先日のエントリを相手に送り、気持ちだけありがたく頂戴した。
いや、別に彼はまったく悪くないけど、ちと堪えた。
自分以外のどこにもぶつけることができない怒りをため込む。