あれこれと考える

この記事の所要時間: 230

昨日の夜に電車で帰っていると久々に大学の寮時代の先輩と会う。
「おまえ、しけた顔してんぞ!」酒も入っていたせいか先輩も饒舌だ。
とはいえ、ここでどよーんと凹むのではなく、「あ、そういう風に見えるんだ」と発見があってから色々と思考が放射状にふくらんでいく。


そして今日早く家に帰ってからマインドマップを起こしながら自分の気持ちを整理する。
過去の自分は自分が台風の目になって、周りを巻き込んで「みんな俺についてこーい!」的なところでみんなで楽しさや幸せを共有したいということを考えていた。
困っているひとはほっておけない!助けを求めている人を助けたい!
そんな感じが常に念頭にあった。
それは素晴らしいと思う。ただ自分の立ち振る舞いを、俺の場合を思い出すと一つ、気がついた。
自分は他人を救うことで自分も救われたかったんだ。
・・・だから周りからみればどう見てもお節介なこと(というかいらんことしぃ)をしまくったんだな・・・
あんなひどいことが続けざまに起こってしまったし、起こしてしまったんだな。
改めて心の奥からご迷惑をおかけした人にお詫び致します。
でも、そこで、自分の中でパラダイムシフトが発生していることに気づく。
今の自分の行動と照らし合わせてみると誰かを救おうなんてことは考えてない事に気づく。
なんちゃって英会話講座みたいなことも始めたが、それは自分自身においても英語を使う機会が増えて自分の英語力をキープ出来る。これはすごい自分にとって嬉しい。自分自身にとっても新しい発見がいっぱい。
いろんな知識、ノウハウが猛スピードで入ってくる感じです。
キープ出来る場所が用意されているからこそ、俺も自分のために必死に気合入れる。
別に自己中になろうとしてるんではないよ。まずは自分からって思ってるだけ。独り占めしようなんて毛頭思ってませんからw
でもその結果がレッスンの質向上につながるし、生徒(なんていうと俺自身こっぱずかしいけどw)の人も少しは役に立つと思ってくれるだろうし、彼ら彼女らも頑張ろう!と思ってくれ、自発的にレッスンにやる気を出してくれる。レッスンも楽しくてためになるといってくれているのは俺にとっては次回につながる原動力に弾みをつけてくれる。
そして、俺はレッスンをより面白くしていくネタを追求するし、レッスンに参加してくれる人たちも次のレッスンを楽しみに多少なりとも理不尽な量の課題をやってきてくれる。 ドンドンみんな自分たちの手で成長していく。
そうか、これって7つの習慣に書いてあったことだ!
今までは率先して動いていたけれど、求めているものがOutside in だったなと。
他人を救って結果自分も救われるのは外的要因から内的要因へってことかな。
今はInside Out(内から外へ)に移行しつつあるかな?ってちょっと嬉しくもなり、方向性もブレて無いことに気づけた。
しけた面してた原因は時間をかけてゆっくりと模索していこうっと。
ちょっと目の前が明るくなった。