Serial ATAのディスクは速い!

この記事の所要時間: 145

先日かった激安サーバをちこちこと弄っております。
今回はSerialATAの160GBを2本手に入れているので2台つないでRAID0でストライピングしてみたんですが激速ですねぇ・・・
Maxtorの7200回転のものなのですが、ちょっとしびれましたw


[[email protected] home]# hdparm -tT /dev/md1
/dev/md1:
Timing cached reads: 3640 MB in 2.00 seconds = 1818.46 MB/sec
Timing buffered disk reads: 286 MB in 3.01 seconds = 95.06 MB/sec
まあRAID0ははやいもんねーって事でソフトウェアRAID1なボリュームも作って速度をチェック。
[[email protected] home]# hdparm -tT /dev/md0
/dev/md0:
Timing cached reads: 3544 MB in 2.00 seconds = 1772.27 MB/sec
Timing buffered disk reads: 200 MB in 3.02 seconds = 66.30 MB/sec
んでもって現状のMiataのスピード(/home)ではかってみましたが・・・・
[[email protected] ~]# hdparm -tT /dev/hdc
/dev/hdc:
Timing cached reads: 840 MB in 2.01 seconds = 418.60 MB/sec
Timing buffered disk reads: 100 MB in 3.05 seconds = 32.81 MB/sec
こちらはハードウェアでRAID1なディスクなんですが、ドライブ自体もずいぶんと昔のものなので2分の1くらいの速度になってるなあ。
ソフトウェアRAIDであるにもかかわらずハードウェアのものの倍のスピードがでるのは驚き。