今の自分に足りないこと

この記事の所要時間: 153

現時点では足りないことがある。
それは将来の展望に期待したいんだけど、それを全面的に受け入れるほど自分を信じ切れていないこと。
過去に様々な問題を数多く起こして多くの人に多大な迷惑をかけてきたことが必要以上の罪悪感をもつことにつながり、本来もっている自分の力を発揮できていないこと。
昔は良かったと過去の自分と現在の自分を卑下してノスタルジックな感傷に浸っていること。
問題やトラブルが起こる度にああもうダメだ。この状況が良くなるわけがないと勝手に決めつけていること。
そんなときに、WEBでこんな記事を見つけました。
かえるの開発工房ー名は体を作り、想像力は未来を作る より。
(http://d.hatena.ne.jp/kaerusanu/20060710)
ここに書いてあることにかなりグサッときました。


——-
期待しないというのは、期待することが怖いのだ。期待が裏切られるのが怖いんだ。もう裏切られたくない。だから、期待をしない。でも、そのことで物事の周りはよくなるどころか悪くなる。悪循環だ。
——-
謙虚に自分を受け入れようとするのは非常に難しい。
自分の屈折したプライドとかヘンに自分をよく見せようとするところとか、無駄に自信家だったり。
それを一つ一つ紐解いていく作業は非常に骨が折れる話だし、何しろそれを行う事が自分自身すごく恐い。全部みせてるとか周りの人には偉そうに言いながらも自分自身の奥底に隠している部分ってのは本当に誰にも見せていないと思う。過去に全部見せた事はあったけれど現在はそこまで全部見せてないとも思う。(そしてまた過去の自分と対照して一人無駄にかつ勝手に凹む)
色んな人に自分は自分に真っ直ぐだ、自分の心に素直に生きていると言われているが、そんなことないよ。些細な事で怒って根に持って言葉とか行動とかそういうこと一つ一つに固執して、そして一人また勝手にいじけようとする。そして誰かから救いを求めようと依存に走る。
自分にただただ甘い。でも甘いにも関わらず他人にはきつく当たろうとする。自分の権利を主張する。自分が正しいことを周りに主張する。
こんな馬鹿げた話はない。上で紹介したエントリーを一人読みながら自分を戒めている最中です。